保険適用で行えた壊れた外壁修復と外壁塗装までの作業工程

分過ぎるほど納得できる仕事を行ってもらえました

会社探しはインターネットで見積額は約80万円分過ぎるほど納得できる仕事を行ってもらえました

この作業だけで1日が終わりましたが、最終的には10日間程度で全ての作業を終わらせています。
外壁塗装に使った塗料は、今まではウレタン塗料に限定してきたのですが、フッ素塗料を選択したので耐久性にも期待をしてます。
会社のサービスで施工してもらえた部分もあり、物置の屋根塗装と敷地内に設置してある灯油用のホームタンクのフル塗装、玄関ポーチのコンクリートの塗装も行っていただけました。
この施工は全て保険が適用されることになり、追加で依頼した5万円だけで済ませることができたので、かなり満足しています。
リフォーム会社のスタッフの方の話では、屋根に雪が原因で穴が開いた際にも施工可能と判断されており、火災保険に加入し続けていたことを良かったと実感できました。
施工は雪解けが進んだ4月の下旬にお願いをしたので、完全な春を迎える前に綺麗に外壁を修復できたことは良い思い出です。
その後は3年間が経過しているのですが、屋根も外壁も新品に近い状態を保っていて、修復した痕跡も目立つことはありません。
近いという理由で選んだ会社ですが、十分過ぎるほど納得できる仕事を行ってもらえました。